住民税が年額26,800円戻って来た!知らないって損!障害者控除の話。

今年の2月の初めに今年度の住民税の申告、

役所に医療費控除と障害者控除を提出して来ました。

我が家の所得税は、住宅ローン控除で年末調整の時全額戻ってるので、

住民税の控除だけです。

医療費控除はみなさんご存知だと思うので!

障害者控除について。

ハルエは今年に入るまで障害者控除って、その名の通り、

障害者手帳を持ってる人の控除

だと思っていました。

しかし、要介護の人(65歳以上)も認定書をもらって提出すると、

障害者控除の対象となるんです。

正しくは、「障害者控除対象者認定書」です。

福祉課で申請して、もらえます。

これを住民税の申請時に提出するわけです。

父親は今年度は70歳で要介護1です。

ちなみに前年度は69歳で要介護2でした。

前年度の住民税はすでに決定されていて、我が家の年税額は67,100円でした。

ハルエの両親の扶養控除の分、それでも税金がかなり少なくて助かってます。

今現在、夫の給与から天引きされています。毎月5,500円程度の住民税です。

 

要介護2だった前年度は、障害者控除の対象だと知らなかったので!

 

医療費控除の申請しかしてなかったんです。

 

今年度申請する時に、前年度分もさかのぼって申請することが出来ると聞き!

 

認定書をもらい、平成26年度の住民税の変更の申請も一緒にしました。

そしたらなんと!障害者特別控除53万円適用となり、(各自治体によりランク分けがある)

平成26年度の住民税が年額26,800円戻って来ました!!けっこう大きな金額です。

年税額67,100円納めるべきだったはずが、障害者控除を申請したら40,300円になりました。

かなりの節税です。大助かりです。ありがたや〜。

こちらが平成26年度の変更後の住民税通知書です。

赤丸が我が家の医療費控除、扶養控除、障害者控除です。

かなり大きい額ですよね〜。

DSC01692

ほんと知らないって損ですね!

障害者控除については誰も教えてくれなかったです。

自分でちょっと調べたらこうゆうことになってました。

親と同居してて、その親が65歳以上の要介護認定者の家族の方、

障害者控除の申請も忘れずにね!

さて、今年度の住民税は年額いくらになるでしょうか。

通知書は毎年6月のお給料と一緒にもらえます。

2014年は医療費もかなりかかりました。

その分税金をおさえられるとほんとに助かります。

今年度の通知書来たらまた報告します!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク